【社長コラム】杉浦商事48周年を迎えて

当社は1972年(昭和47年)12月7日に創立し今年で48年目を迎えました。
業種は不動産賃貸、管理、売買の仲介等、不動産のコンサルティング業務を中心に
不動産店舗4つを構え、不動産にかかわるあらゆる問題に対応しております。

第二次世界大戦後の復興期を経て、1964年東京オリンピック後の高度経済成長期から、1980年代バブル期を迎え、その後の1990年代以降のバブル崩壊後の低迷した経済が続き、2008年リーマンショックが起こり、2011年3月11日の東日本大震災と、経済の激流をくぐり抜け現在に至っています。

不動産業は戦後の人口増加、経済復興により住宅投資、インフラ整備、都市建設へと大きく成長し今日の重要な産業へと成長してきました。
又、人々の住生活を支え、人間性を育む生活の場として、地域の快適な潤いのある街づくりに、いかに貢献していくかが問われ、それに答えていく、地域社会の重要な不動産業者としての役割を担っています。

そのような視点を意識し、人々の快適な生活のお手伝いと、不動産に関わるあらゆる問題を
解決すべく、国土交通大臣公認不動産コンサルティングマスター技能士を配置し、より良い方法をアドバイスさせていただいてます。

今日の空家・空き地の問題、相続、民泊新法の対応等、社会的要請にしっかり答えていきたいと思ってます。

どうぞ不動産に関するご相談がありましたら、
お気軽にお尋ねくださいませ。

1974年 開業当時(神奈川区神奈川2-3-5)

1999年当時(神奈川区神奈川2-19-1)

2020年現在