作成者別アーカイブ: 株式会社杉浦商事

七夕飾り

7月になりました。
東神奈川駅の西口方面にある東神奈川店と不動産総合事務所では、毎年七夕飾りをしています。
立派な笹の葉を3か所に設置しています。

短冊は不動産総合事務所のエントランスにありますので、
お近くを通った際は、是非とも短冊に願いを込め書いていただき、笹の葉に飾っていただけたらと思います。

子供達に人気者の黄色い子が目印です。

今年の7月7日は晴れて天の川が見られるといいですね。

当社のコロナ対策は。

当社はコロナ対策として下記を行っております。

・入店、退店時の消毒薬の設置利用

・スタッフのマスク着用

・飛沫感染対策アクリル板を使用

・マスク、フェイスシールド、ビニール手袋の準備

・貸室内見はご希望により鍵の貸与

新型コロナウィルスによる緊急事態宣言を受けて

新型コロナウィルスによる緊急事態宣言発令の為
当社の営業時間は5月2日(土)迄

9:30~18:00 に

短縮させていただきます。(日曜定休)
ご理解の程、宜しくお願い致します。

尚、5/3(日)~5/6(水)のゴールデンウィークはお休みとさせていただきます。

各種申込書ついて

当社では、「お部屋のお申込書(個人/法人)」「駐車場のお申込書(個人/法人)」「解約申込書」の3種類を
ホームページからダウンロードする事が出来ます。

各種申込書

※注意点
・書類はダウンロードしてから書き込みください。
・スマートフォンご利用の方は「Acrobat Readerアプリ」をダウンロードしてください。
 Acrobat Readerをご利用いただき書類に書き込みください。

「仲木戸」→「京急東神奈川」駅へ

さよなら「仲木戸」


「仲木戸」駅の歴史は古い。
—–
歴史
1905年(明治38年)12月24日 – 中木戸駅として開業。当時は地上駅だった。
1910年(明治43年)8月 – 高架駅となる。
1915年(大正4年) – 仲木戸駅に改称。
1936年(昭和11年)12月 – 待避設備が新設され、急行の待避を開始。なお、その後1945年5月29日の横浜大空襲で駅舎とともに焼失し、復旧時に廃止。
1957年(昭和32年)7月 – 駅舎が火災で焼失したため、地上部に復旧。
1971年(昭和46年)2月 – ホーム有効長を6両編成対応に延長。
2004年(平成16年) – ペデストリアンデッキに直結した改札口の使用を開始する。
2020年(令和2年)3月14日 – 京急東神奈川駅に改称〈予定〉

駅名の由来
江戸時代、この近辺に「神奈川御殿」と呼ばれていた将軍の宿泊施設があり、木の門を設けて警護していた。そのためこの一帯が「仲木戸」と呼ばれていたことに由来している。[3]

※ フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より
——


2020年3月14日生まれ変わって「京急東神奈川」になりました。
JR利用者の方が多いので「仲木戸」駅より「東神奈川」駅と説明するほうが伝わるのも事実。
JR線「東神奈川」駅と直結しているので、確かに「京急東神奈川」駅で統一するほうが分かりやすいと思います。

でも、なんとなく淋しいものですね。
淋しいだけではなく当社としては、看板をはじめ名刺や冊子など、あらゆるものに使用している地図に「仲木戸」駅とバッチリ記載してます….
その変更する作業が淋しさを吹き飛ばしてくれそうです。